28年間対人恐怖症だと思って生きていたアラサーが雑談とか出来なくても克服する方法を見つけた

こんにちはきりんさんです。

今回は少しまじめな話です。私は人と話すのが苦手で声をかけられたりすると、上手に話せなかったらどうしよう。。とか相手が自分に対してどんな事を思っているのかということを逐一想像してしまっていました。

そのせいで変な汗をかいてしまい会話のつじつまのあわない変な事を言ってしまったり無言になってしまったり。それで私は人とうまく話せないんだ。。という思い込みからどんどん苦手になっていくという負のトルネードに陥ってしまう。

Photo by Danielle MacInnes on Unsplash

そんな状況が社会人になっても続いていました。

大学まではあまり人と付き合わなくても自分でコントロールできていましたが、社会人になって働かなくては生きていけない。という状況になったとき人とのコミュニケーション無しではうまく行かない事が多くなっていきました。

もう生きているの辛い。。と思った事もありましたが、実際人と話すことが好きな人もいる訳だし何か方法があるはず。このままではいけないと思い、どうしたらこの状況が改善されるのか調べてみる事に。

Photo by Bethany Legg on Unsplash

そうして調べたことと、いろいろ社会にもまれた事が幸いして今では少し軽減したと思っています。

本当に苦しいし、人生がイヤになってしまうこともある事です。ですが少しでも誰かの立ち直るお手伝いができれば。。と思いここにまとめようと思います。そしてまたつまづいた時の自分の為にも。

参考にした本

まず色々と書く前に参考にした本を紹介させてください。私が今からかく事はこちらの受け売りなので詳しく知りたい方は読むといいと思います。

一冊目は

人前であがらずに話す方法

森下裕道さんの本です。この作者さんもアガリ性だったようですが克服されて今では講演も沢山されています。こちらの本を読んで目からウロコの人前でアガらない方法を知りました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一対一でも、大勢でも人前であがらずに話す技法 [ 森下裕道 ]

価格:1512円(税込、送料無料) (2017/12/3時点)

2冊目は

自分を好きになろう

岡映里さん瀧波ユカリさんの本です。こちらは私が「臨死江古田ちゃん」という漫画が好きでその作者さんが瀧波さんだったのでこんなシリアスなエッセイの絵をかくんだなあと興味本位で買ったものでした。ですが岡さんがご自身がうつの状態から立ち直った経験をもとに書かれています。瀧波さんの漫画も挿絵としてありますのでとても読みやすいですよ。

欲しいほしいホシイ

という本です。これは行動心理学を分かりやすく解説している本ですが広告について興味があったので読んだ本でした。こちらも目からウロコです。事項で書いた人は潜在意識で動いているということが詳しくかかれています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

欲しい ほしい ホシイ── ヒトの本能から広告を読み解くと【電子書籍】[ 小霜 …

価格:1566円 (2017/12/3時点)

雑談できるようになる!とか対人恐怖症を克服する!とかまさになタイトルの本もいろいろと読みましたがどれも小手先の事が多くてわたしにはなじめなかったです。ですがこの3冊は根本的に自分を変えてくれる本になりました。

 

人を観察するクセをつける

それでは私が本などを参考にしてやってみた事を紹介していきます。まずは人を観察するクセをつける、です。

なぜ人を観察する事が大事かというと森下さんの本にも書いてありますが人は見ている側になると自然に緊張しなくなるのです。確かに町中で人を観察している分には全く緊張しませんが、逆にじっと見られていると緊張します。

その人間の原理を利用して、人と話しているときもその人を観察すると緊張がほぐれます。

見られている!という意識から見ているという意識に変わる事が大事です。ですが最初はなかなか難しいので簡単なところから始めましょう。

町中でこっそり人を観察する

Photo by Toa Heftiba on Unsplash

まずはカフェから町中を見下ろしてあの人はこんな服着ているなとか、前を歩いている人はこんなコーディネートしているなとかと考えながら歩いてみてください。すると自分がいかに今まで周りを見れていなかったか分かります。以外におしゃれしているおばちゃん多いんだなとかwおじさんがかぶっているキャップ以外にレアな奴や!とか。

人間って思い込みでものをみているからおばちゃんはだいたい茶色い渋い服だろうなとフィルターをかけてみてしまいます。

特に人と話す事が苦手な人はフォルターが何重にもかぶさって周りが見えていない人が多いのかもしれません。

Photo by rawpixel.com on Unsplash

確かに私の周りの人でコミュニケーションがうまい人は良く人を見ていて些細な変化にも敏感な人が多いです。前髪ちょっと切った?とか些細な事でも話題になってしまうのでしょうね。

 

電車内で人の顔を観察する

Photo by Victoriano Izquierdo on Unsplash

そうやって町中で観察できるようになったら中級者編です。人と話すにはその人の顔、目を見なくてはいけません。なので人の顔を観察する練習をしましょう。いきなり話す相手を観察するのはハードルが高いので、電車などで向い合っている人の顔を観察してみましょう。

最初は寝てる人からでもかまいません。あんまり見すぎると変な人だと思われるのでゆっくり一人づつ見ていく感じで。

この人は鼻高いな。とかいろいろ思いながら見ていきます。

話している人の顔、身なりを観察する

Photo by James Garcia on Unsplash

それでは実践してみましょう。話している時にその人の顔を見てみましょう。どんな髪型ですか?どんな眉毛をしていますか?女の人だったらどんなメイクをしているでしょう。話しながら見てみましょう。最初はどうしても緊張してしまってうまくいかないかもしれません。ですが何事も数をこなせばうまくなります。

人がみなハイハイから立ち上がるように、人にはコミュニケーションをする機能が備わっているのです。それを信じて何度も試してみましょう。すると少しでも緊張が和らぐのが分かると思います。

顔を見るのが難しければ身なりを観察する事から初めてもいいかもしれませんね。ですが下から上まで舐め回すように見てはいけませんよw身なりだったらエリはどんなかな。靴はどんなかなとピンポイントで見ていきましょう。

これが実際人と話す時に気をつけたことです。

自分に対する考え方を変える

次にやる事は自分に対する考え方を変えるということです。

人は潜在意識で行動しているという事を理解してみる

人と話す事が苦手な人は自分が対人恐怖症なのだとカテゴリー化してしまい、自分の評価を下げている人がほとんどです。

本当にあなたは対人恐怖症なのですか?だれがそれを証明出来る人はいるのですか?ほとんどの人は自分で自分にレッテルをはってしまっています。

すると自分にはできない。という潜在意識がこびりついてしまいその意識によってカラダが勝手に汗を書いたり恐縮してしまったりします。

Photo by Mitchell Hollander on Unsplash

人は脳で考え自分で行動をコントロールしていると思っているかもしれませんが、自分の知らない間に勝手にカラダは動いているのです。例えば蛇を見た時にコワイと思う人が大半だと思いますがこれは昔から蛇は毒を持っていて人を脅かすものだと何万年もの間、ヒトが思ってきて潜在意識に叩き込んだからこそなにも考えなくても「コワイ」と感じるのです。

そうやって自分が知らない間に潜在的意識で私たちは動いているという事を感じてみてください。

そう考えるといかにマイナスの意識を植え付ける事が人生を謳歌する事にとって不利かが分かってきます。ではどのようにレッテルを張らないようにしたらいいのでしょうか。

嘘でもいいから自分を誉め称える

Photo by gn dim on Unsplash

マイナスのレッテルを貼るとマイナスな潜在意識で行動してしまいます。ではプラスにしたいのであれば反対の事をしましょう。プラスのことを潜在意識に叩き込めばいいのです。

自分が心から思っていなくてもやってみてください。「私は人と話すのが楽しい」「私は自分の事が好き」と。いままでなんで人とうまく話せないのだろうと考えていた時間を全てこれらのプラスの言葉に変えてみましょう。

まず朝起きたら「いい朝だなあ。今日もいい一日になるぞ。」

朝ご飯を食べたら「いい朝ご飯つくれた。私ってすごい。」

駅まで歩いている時「私は自分が大好きだ。歩いている姿もいい感じ。」

会社のトイレの中「少しづつ人と話すのうまくなってきているぞ。行動出来る自分が好きだ。」

失敗したときも「失敗しちゃったけど、反省出来ている。そんな自分が好きだ」

夜寝る前「いい一日だったな。今日も大好きな一日でした。」

・・・となんでも思う事をプラスに変えてみましょう。

真実じゃなくてもいいのです。自分が行動する事、自分自身が好きだと何度も何度も繰り返しましょう。

自分には潜在意識というもう一人の自分がいるのです。そのもう一人の自分をまるで自分の赤ちゃんのように愛情をたっぷり注いでみてください。

ほんとうに変わりますよ。わたしも今まで自分が嫌いでした。なのでちょっと怒られたりするだけで長ーく落ち込んでしまったり、本当に死にたい。。と思ってしまっていました。軽い鬱だったのかもしれません。

幸せホルモンを出すため腸活をする

Photo by Mira on Unsplash

これは前の記事でも書きましたが、人は腸が健康になるとセロトニンがよく出るようになるので幸せを感じやすくなります。

自分で自分を大切にする事+内面からもせめて見ましょう。腸活についてはこれらの記事で詳しくまとめていますので読んでみてください。

[bc url=”http://kirinsanasnirik.com/mukiryoku”] [bc url=”http://kirinsanasnirik.com/nansyouka”] [bc url=”http://kirinsanasnirik.com/benpi”]

まとめ

  • 人を観察する目を持つ
  • 潜在意識に自分のことが好きだと叩き込む
  • 腸活をして幸せホルモンを出しやすくする

大きく言うと3つの事を実践して私は少しづつ人と話す事が苦ではなくなってきています。ずっと怖がっていたのでときどきまた転んでしまうことがあるのですがその時にもう一度原点に帰れるようまとめる事にしてみました。

一度きりの人生なのでもっと幸せを感じたいと思ってください。あなたの人生はとても尊いものです。不細工でも辛い事が多くてもあなたが幸せと自分で思える力をつけてください。そうすればどんな困難も幸せに変えれる力になります。

逆に言えばこの力が無ければどんなに豊かな環境に恵まれていても幸せにはなれないのです。

まずは出来る事から。変えられます。

ではでは◎

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です